能村研三

LINEで送る

能村 研三(のむらけんぞう)

【メッセージ】

俳句を気軽に楽しんでみませんか?

普段の生活から季節を発見し詩心を高めながら自らの言葉によって

自分を表現してみましょう。伝統の詩形を守りながら俳句の新しさに挑戦してみましょう。

【作品】

青林檎置いて卓布の騎士隠る

春の暮老人と逢ふそれが父

 

【プロフィール】

昭和24年千葉県市川市生まれ。

昭和46年沖入会、福永耕二の手ほどきを受ける。能村登四郎、林翔に師事。

平成5年句集『鷹の木』で俳人協会新人賞受賞

平成13年4月より「沖」主宰を継承、句集に『騎士』『海神』『鷹の木』『磁気』『滑翔』『肩の稜線』。

現在、朝日新聞千葉版俳壇選者、北國新聞俳壇選者、倫理研究所「新生」俳壇選者、よみうり日本テレビ文化センター講師、NHK学園オープンスクール講師、NHK文化センター講師、公益社団法人俳人協会評議員、日本文藝家協会会員、日本ペンクラブ会員、市川市俳句協会会長、千葉県俳句作家協会副会長、俳人協会千葉県支部副支部長、市川市文化振興財団理事、市川学園評議員

 

s-450能村研三写真

検索

マップカテゴリー

カレンダー

2017年6月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930